2014年12月02日

東北柄の包み紙。




雑なので。

普段は、贈答品の包装紙をバリバリ開けます。

だけど、ふと目に留まったデザインの良い包装紙はそっと開けます。

AB型なので両極端。



今日は、両親の米沢の知り合いの方から

果物をいただいた、その包み紙におもわず

おお、かわいいと心奪われました。









2羽の鳥が向かい合っている姿が続くというパターンの図柄。

東北の方はお分かりかと思いますが、米沢市の伝統工芸品

「お鷹ぽっぽ」であります。

我が家にも昔からあって、こけしと並んで、地震のときに倒れやすいものベスト10に

入るアレです。







見れば見るほど、素朴な図案に心があたたかくなります。

シンプルで素朴。どんなお店なのかなぁと興味をそそります。



そこで、「喜多屋果実店」って

どんなお店なのかしらと、ググってみたら

ホームページはキラキラモダンな雰囲気で意外でした。

(HPはコチラ→






:::::::::::::::::::






おまけ。




いただいた果物も

キラキラしてました。

















同じカテゴリー(心象風景)の記事画像
【黄】それは、東北のカラフル2014。
【緑】それは、東北のカラフル。2014
【赤】それは、東北のカラフル。2014
【青】それは、東北のカラフル。2014
それは、東北のカラフル。
【my七味作り】オトナの調理実習。
同じカテゴリー(心象風景)の記事
 【ご報告】 風景ノート。引っ越します (2015-07-21 08:10)
 【黄】それは、東北のカラフル2014。 (2015-03-14 22:19)
 【緑】それは、東北のカラフル。2014 (2015-03-02 07:19)
 【赤】それは、東北のカラフル。2014 (2015-02-27 20:14)
 【青】それは、東北のカラフル。2014 (2015-02-15 07:30)
 それは、東北のカラフル。 (2015-02-13 07:26)


削除
東北柄の包み紙。