2014年10月17日

秋の旅:日本海でフィッシング。




秋の陽気に誘われて

日本海へ向かった我ら一行。



前日に加茂水族館で魚の動き方を研究したあとは

フィールドワークでフィッシングです。



場所はまず、昨年キャンプをした

遊佐町の西浜へ行ってみました。




前を見れば・・・






だれもいなーい!




後ろを見れば






鳥海さーーーん!

(鳥海山)



という素晴らしいロケーションのなかで

はじめた釣りでしたが、30分も経つと

わらわらわらわら家族連れが増えてきて過密状態に。

私の下手なキャスティングでは人をあやめてしまう(笑)と判断し

場所を移動することにしました。




やってきたのは「女鹿(メガ)漁港」という場所。

メガだかギガだかテラだか、何だか良く釣れそうな名前です。




*ここも、貸しきり状態でした。




その名の通り、メガサイズのが遠くでバッタンビッタン

暴れている様子も見れて、「魚影が濃いな・・・」って

知ったかぶりを言ったぐらいにしてました。

その横で、釣りのセンセーがせっせと準備をしています。

ちなみにセンセーとは言っても、私の釣りのセッティングとお膳立てを

すべてしてくれるので、どっちがセンセーなのか傍目ではわかりません。




そんな、私たちの狙いは「シロギス」であります。

しかも、「落ちギス」というキッスです。

越冬するために深場へ行くキスが

越冬前に荒食いするのが「落ちギス」で、それを狙うらしいです。

センセーに習いました。






釣り糸タラリ。

しばらくすると、センセーの竿にアタりが出始めました。





きときとーーーーーーーーーー!






背筋力のあるシロギスが釣れましたよ!

コンクリの上で跳ねては反り返るこの姿。

いかにも、生きのいい魚です。








20cmオーバーのシロギスです。








その後、私にもアタリが出始めまして

20cmオーバーは無理だったけど

15cmくらいのを2匹釣り、2人で10匹以上

釣ることができました。



写真ではうまく表せませんでしたが釣ったときの

シロギスの透明感が、すごく美しかったです。



透明感、といえば日本海の海。



ウワサには聞いていましたが

ハンパない透明度。








砂の質も太平洋と違うんですね。







「沖縄の海」と言っても信じてしまう人がいるんじゃないかな。

これ、10月の東北の海ですよ。







20代を島で過ごした私としては

晩秋の東北の海を前に

シュノーケルをしたい衝動に駆られました。



日本海といえば、演歌のイメージか

冬の荒涼たる海のイメージでしたが

見事に覆してくれました。




来年の夏は、

左手にシュノーケル

右手に釣竿をもって

ぜったいにまた来るんだ!








同じカテゴリー(おでかけ風景)の記事画像
#4完  ふゆのなるこみち。
#3  冬のなるこみち。
#2  冬のなるこみち。
ふだんづかいの松島。
カフェ、ときどき掃除。
Pizza and cafe BIRD
同じカテゴリー(おでかけ風景)の記事
 #4完 ふゆのなるこみち。 (2015-01-25 07:33)
 #3 冬のなるこみち。 (2015-01-15 21:49)
 #2 冬のなるこみち。 (2015-01-08 21:28)
 ふだんづかいの松島。 (2014-12-09 07:30)
 カフェ、ときどき掃除。 (2014-12-04 07:30)
 Pizza and cafe BIRD (2014-11-27 07:32)


削除
秋の旅:日本海でフィッシング。