2014年07月24日

伝説のわらびもち。




山形県天童市に絶品のわらびもちがあると

友達に聞きました。(その記事はコチラ⇒

今の時期はカキ氷も絶品らしいです。




【腰掛庵】というその店。

「混んでるよー」という話だったので

9時半オープンのところ、10時に到着したのですが

店に入ると、なんと、もうすでに、4時間待ちー!!



え?聞き間違え?と思ったアナタに

もう一回言いますよ。




4時間待ち!!!





ですって!




想像以上の人気・・・。

その後も車が押し寄せるようにやってきます。。。

静かな田舎町の古い集落に県内外のナンバーをつけた

車が押し寄せる様子はそこだけ異空間になってました。

す、すごいや。





なので、お持ち帰り用のわらびもちをゲットして

尻尾を巻いて退散しました。

(持ち帰りは待ち時間ゼロでした)




つまり、言いたいことは「腰掛」庵なのに

腰掛けられずに帰ってきたってこと!ガビーン。





その後、天童市内を車で走っていると、10時半だというのに

すでに行列をつくっている蕎麦屋を発見!

「ぬぬぬ、この町の飲食店は行列必死なのか!?」と思い

これは入ってみようと、暖簾をくぐる。

その名は【一庵】

「ぐぬぬ、この町の屋号は”庵”とつけると流行るのか」と思い

この店の名物「肉そば」をオーダー。










透明なスープはその色とは裏腹に、肉の出汁が効いていて濃い味。

麺は、日本蕎麦にしては太麺でありんす。量もかなり多いです。

でも、安いです。





その後、おなかも満たされたので天童温泉で日帰り入浴をば。


訪れたのは【いちらく】というお宿。

「一庵」から「いちらく」へ華麗なる「一」のリレー。




写真を撮り忘れましたが

館内はブロンズ?レリーフ?な芸術品がいたるところに

飾られてありとても上品で豪華な雰囲気。




お風呂に行ってみたら

なんと、貸しきり状態!だーれーもーいない!

こんなことめったに無いので写真を撮ってみました。










大浴場と露天風呂の間に窓も壁も無いからとても開放的。

私の大好きな「オープンエアー」な空間なのです!









脱衣場も広々キレイ。




浴衣とタオルもセットで付いて1,500円。

ちょっと高いかな、と思ったけれど館内も上品で静かだし

お店の方の対応も良いし、アイスをサービスでくれたり、◎でした。




で、思いました。



どうしても腰掛庵でカキ氷とわらびもちを食べたければ

午前中に腰掛庵に行き、受付を済ませた後に、周辺で蕎麦を食べて

出羽美術館を見て、温泉に入って、午後にまた腰掛庵へ戻り

一服する、そんな流れで行けば腰掛庵で腰掛けられるのではと

ヒラメキました。


ま、そこまでする甲斐性はないですけどー。





◇◆◇◆




というわけで

念願のわらびもちです。








とても味のある、二色刷りのような

手書き風味のパッケージ。








少し色の濃いほろ苦いきな粉に包まれたわらびもち氏。

トロトロの柔らかさと程よい甘さが、苦味のあるきな粉と

混ぜて食べるとちょうどいい。



ごちそうさまでした!





◆◇◆◇





◎腰掛庵⇒http://tabelog.com/yamagata/A0605/A060501/6000084/

◎一庵⇒http://tabelog.com/yamagata/A0605/A060501/6000936/

◎いちらく⇒http://itiraku.com/







同じカテゴリー(おでかけ風景)の記事画像
#4完  ふゆのなるこみち。
#3  冬のなるこみち。
#2  冬のなるこみち。
ふだんづかいの松島。
カフェ、ときどき掃除。
Pizza and cafe BIRD
同じカテゴリー(おでかけ風景)の記事
 #4完 ふゆのなるこみち。 (2015-01-25 07:33)
 #3 冬のなるこみち。 (2015-01-15 21:49)
 #2 冬のなるこみち。 (2015-01-08 21:28)
 ふだんづかいの松島。 (2014-12-09 07:30)
 カフェ、ときどき掃除。 (2014-12-04 07:30)
 Pizza and cafe BIRD (2014-11-27 07:32)


削除
伝説のわらびもち。