2014年05月22日

函館トリップ-①



沖縄に暮らしていたころに、はたと気がつきました。


『(沖縄から行くのと比べると)

仙台から北海道は近いのに、何で行ったことがなかったんだろ。』



だから、仙台に帰ったらいつか北海道に行ってみたいと思ってたんです。


まずは、北海道初心者として、陸路で行ける街、「函館」へと

このGWにレッツラゴー!







仙台~新青森間は新幹線で1時間40分。

そして、新青森からは「特急白鳥」で約2時間。

2015年には青森~函館間を新幹線が開通するというので

白鳥さんに乗れるのもレアになるかもね。



この白鳥っこは、「青函トンネル」を通過する列車なのです。

小学生のころに「海の下を電車で走れるようになったってよ!」って

大騒ぎしたアレに今、乗っちゃってます。

プロジェクトXな世界です。








全長約50kmくらいの長さ。

そして、線路から海までは100mという距離。

遠いんだか近いんだかもはやわかりません。

でも間違いなくここは海中。



では、記念に青函トンネルで

記念撮影~電車icon12



せーの、


パシャ!!!



はいこれ、青函トンネルの車窓から。

なんも見えねー。当たりまえ、ガーン。




あんなにwakuwakuして青函トンネルでしたが

20分間のトンネルに退屈してしまいぐっすり熟睡。

そして、北海道に上陸した瞬間ももれなく熟睡のため記憶にあらず、ガーン。




そんな私らしい北海道上陸作戦でしたが

到着後は、しっかり北海道の港町函館を堪能しました。



まずは、「旧函館区公会堂」







外観もさることながら
内観もすばらしい。











春から秋にかけてこのホールで市民による市民のための
無料コンサートが毎週末開催されるんですって。
計算された建築物での音響、美しいだろうなぁ。



◇◆◇◆


さて、元町界隈に移動して
おさえておきたいスポッツの「八幡坂」へ
行きました。


 



天気が曇りだったのですが

往時そのままに統一された町並みに

ここが日本ではないような、

現代ではないような気持ちになりました。




◇◆◇◆



さて、坂を下りてから雑貨屋さんめぐりをしました。

どの店も、昔のハイカラな建物を利用していて

おしゃれな雰囲気。



なかでも「はこだて工芸舎」

私好みでした。






今にも買ってしまいそうな品々。

ってか、20代の頃なら即買いしてたべな。

ガマンのできる30代になりました。








そして、日が暮れてくる頃

函館山へと夜景を見に出かけたのでした。


②へ続く。




◆旧函館区公会堂⇒http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/

◆はこだて工芸舎⇒http://kogeisya.blueboxcraft.com/




同じカテゴリー(旅の風景)の記事画像
#4完  ふゆのなるこみち。
#3  冬のなるこみち。
#2  冬のなるこみち。
秋と冬のあいだ。
秋の旅:日本海でフィッシング。
秋の旅:加茂水族館。
同じカテゴリー(旅の風景)の記事
 #4完 ふゆのなるこみち。 (2015-01-25 07:33)
 #3 冬のなるこみち。 (2015-01-15 21:49)
 #2 冬のなるこみち。 (2015-01-08 21:28)
 秋と冬のあいだ。 (2014-10-30 07:30)
 秋の旅:日本海でフィッシング。 (2014-10-17 07:23)
 秋の旅:加茂水族館。 (2014-10-14 07:30)


削除
函館トリップ-①