2013年05月07日

気仙沼ノート 1冊目。






4月だというのに
雪が降り積もったある日の仙台。
ノーマルタイヤなので
ビクビクしつつ、ばあちゃんの
生まれ故郷である、「気仙沼」へ行ってきました。




*春の雪も美しかった。



行くまではざっくりと
「海の町・遠い町」っていうくらいの
イメージしかなかったんだけど
親戚の皆さんに会っていくうちに
どんどん距離が近づいた。



それに
血のつながりのある方々の
優しさに触れて、いろんなことを感じて
満たされていく気持ちになって
何から書いたらいいんだろうっていうくらい
溢れるものがありました。



◆◇◆◇



到着日は気仙沼の海側に暮らす
親戚のところへご挨拶に。



親戚から聞いた震災の話は
生々しく、心をえぐられるようで
涙をこらえながら聞きました。


淡々と語る。
ひょうひょうと語る。
息せき切って語る。
それぞれの境地から発せられることば。


震災から2年が経ち
何十回も語ってきたであろう、被災の話。
語りつくしてきただけに
言葉は研ぎ澄まされて
一層胸に刺さりました。


◆◇◆◇



さて、この日泊まったのは
「ホテル観洋」






高台に建ってるのに加えて
角部屋だったので
ホンっとにいい眺め~。
気仙沼港と大島を一望しながらのホテルステイ!
耳を澄ませば海の音が聞こえてきそうな
宮城のリゾート地ですね。



*この後からもさらに料理が運ばれてきました。



食事も気仙沼ならではの
海産物がふんだんに使われて
素材の味が生きておいしかったし
接客も、想像以上に(失礼!)スマートな対応で
ビックリでした。







復興商店街も町にできていて
商売はもちろん、井戸端会議にも
大活躍のようです。













同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事画像
南三陸ノート。
気仙沼ノート 2冊目。
おとどけしました。
被災地へ届く、やちむん⑦
沖縄から、埼玉から。
被災地へ届く「やちむん」⑥。
同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事
 南三陸ノート。 (2013-05-13 07:05)
 気仙沼ノート 2冊目。 (2013-05-09 07:23)
 おとどけしました。 (2012-06-30 07:26)
 被災地へ届く、やちむん⑦ (2011-12-26 07:28)
 沖縄から、埼玉から。 (2011-10-25 07:28)
 被災地へ届く「やちむん」⑥。 (2011-09-16 11:14)


削除
気仙沼ノート 1冊目。