2012年07月05日

温泉で学ぶ。

温泉で学ぶ。
*石ノ森章太郎記念館、入口にて。




沖縄と埼玉からきた友達との
宮城珍道中記、第2回目は石巻を
見学してから、遠刈田温泉に
泊まる、というスケジュール。
(第1回目はコチラ






温泉で学ぶ。
*章太郎記念館、外観。



前回、宮城に来てくれた時も
沿岸部でボランティアをし
石巻に立ち寄ってくれた友人ら。
その時から風景は変わっていなかったけど
もう一度、その景色、においを五感に
焼き付けてくれました。



驚いたことに
津波の被害があった荒涼とした風景のなか
他県ナンバーの観光バスがたくさん
往来してて、それが半年前に石巻に来た時と
現在で変わったことだと、感じました。
観光バスとその周りの風景の対比で
とても印象的でした。




◆◇◆◇


その後
高速道路をかっ飛ばして
遠刈田温泉へと向かう一行。



宿泊したのは
一泊ひとり2万円というお宿。
庶民の私にはかなりフンパツしたお値段だったし
10室しかない宿なのでかなりプレミアムな期待、高まる。



到着時間がおしていたので
着いて早々お食事タイムへ。
手の込んだ料理でおいしかったです。


温泉で学ぶ。温泉で学ぶ。



温泉で学ぶ。温泉で学ぶ。




温泉で学ぶ。




このほかにも料理長からのサービスとして
1品ご提供いただきました。




◆◇◆◇



で、宿泊、温泉、など
トータル的な感想を
われらホテル業経験ムスメたちで
語り合いました。



(クレームでなくて、感想ですよ!あくまでも)



料理については料理長の「もてなし」の
気概があふれてて本当においしかったです。



しかし、サービスについては
一言で言うなら
「素朴」でありました。
しかし、心温まるような素朴さではなくて
ぶっきらぼう。



私たちも、サービスマンなので
ぶっきらぼうさにいたたまれなくなって
会話の盛り上げに「沖縄から来たんですよ」とか
「おいしかったですよ」と会話の糸口になる種を
ばらまいてみても「そうですか。」で、ほぼ全滅(;_:)



普通の宿ならそれでもいいですが
遠刈田ではそれなりの値段の宿なので
お客さんのことを知りたい、そしてもっと
心の満足感を与えられるようになったら
もっと素晴らしい宿になるのにな・・・。




なーんてね。
エラそうに語り合いながら
高いお金を払って接客されることで
とっても勉強、経験になりました。



接客の原点って、相手に興味を持つこと
相手を知ろうとする気持ちなんだなって。

だってコミュニケーションからうまれる仕事なんだもの。






とか言っちゃって。






私ってばすでに
ホテル業を卒業したんだけど、テヘ。
距離をおいた今だから分かるのかもね。
でも、どんな仕事にも通じる精神だよね、たぶん。
忘れないようにしないとなぁ。



同じカテゴリー(旅の風景)の記事画像
#4完  ふゆのなるこみち。
#3  冬のなるこみち。
#2  冬のなるこみち。
秋と冬のあいだ。
秋の旅:日本海でフィッシング。
秋の旅:加茂水族館。
同じカテゴリー(旅の風景)の記事
 #4完 ふゆのなるこみち。 (2015-01-25 07:33)
 #3 冬のなるこみち。 (2015-01-15 21:49)
 #2 冬のなるこみち。 (2015-01-08 21:28)
 秋と冬のあいだ。 (2014-10-30 07:30)
 秋の旅:日本海でフィッシング。 (2014-10-17 07:23)
 秋の旅:加茂水族館。 (2014-10-14 07:30)


削除
温泉で学ぶ。