2011年12月26日

被災地へ届く、やちむん⑦


*島へ。



不定期で続けている
沖縄の陶器「やちむん」を被災地へ
届ける活動に今回は沖縄県読谷村の
工房十鶴さんのご協力をいただきました。
※十鶴さん、ありがとうございました!
※十鶴さんの作品はコチラ→



今回は、塩竈市の離島
浦戸諸島にある「桂島」へ。



前日までは雪が降り
寒さを覚悟していきましたが
当日は、ご覧の通りの快晴!



桂島出身の父の友人をつてに
島へ向かいましたが
連絡船で行く予定が、なんと
その友人の方がモータージェットを
出してくれて、自家用ジェットで
島へ。




*船に乗る、やちむん。



塩竈から約10分で到着し
早速、区長さんの軽トラに乗って
旧浦戸二小にある仮設住宅へ。




*仮設ができたから、何とか暮らしていっがらやー、って言ってました。



私たちが来た頃は
皆さん出かけていたので
いらっしゃる方にお声掛けして
写真を撮らせてもらいました。
そして、器は後日お渡しいただくことに。








新年を
新しい器でお迎えください。
という想いをこめてお渡ししてきました。
皆さん「沖縄~?」って目を真ん丸にして
喜んでいただきました。




◆◇◆◇◆◇






*集落から家が消えていました。




浦戸諸島が防波堤になり
松島や塩竈が最低限の被害で
食い止められた、と言われています。
以前「桂島は津波が島を横断して行ったんだよ」って
聴いたことがあり、その現場を見せてもらいました。



本当に、
島を東から西へ
通過した跡が残っていました。





*父、友人宅よりオーシャンビューを眺める。




・島の人たちは全員避難し犠牲者がゼロだったこと。
・お風呂は自衛隊のホバークラフトに乗って金華山近くに
 停泊していた自衛隊の船で入浴し、洗濯物を自衛隊に
 預けるとお風呂に入っている間に洗たくが仕上がっていたこと。
・1日3回、ヘリコプターが食糧を投下してくれていたこと。




島内にある父の友人宅へ移動して
そんな、震災時の話を伺いました。
島の人たちは家族のような存在だから
今回の窮状を乗り越えられたと
お話からうかがい知ることができました。



◇◆◇◆◇




沖縄という「島」から宮城県の「島」へ
やちむんが旅をしました。
そして、また新たにやちむんを手に取った方から
「やちむんのある新しい暮らし」がはじまります。



お土産に、と
今年の新モノの海苔
牡蠣工場に立ち寄り
採れたての牡蠣をいただきました。
かえって申し訳なかったですが
島ってやっぱりいいなぁって
沖縄暮らしを思い出しました。




*いただいた牡蠣を早速、焼き牡蠣に。



★工房十鶴さん★
貴重な器を沢山、本当にありがとうございました。
島の方々へは十鶴さんご紹介の手紙も
お渡ししておきました。

       



同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事画像
南三陸ノート。
気仙沼ノート 2冊目。
気仙沼ノート 1冊目。
おとどけしました。
沖縄から、埼玉から。
被災地へ届く「やちむん」⑥。
同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事
 南三陸ノート。 (2013-05-13 07:05)
 気仙沼ノート 2冊目。 (2013-05-09 07:23)
 気仙沼ノート 1冊目。 (2013-05-07 07:14)
 おとどけしました。 (2012-06-30 07:26)
 沖縄から、埼玉から。 (2011-10-25 07:28)
 被災地へ届く「やちむん」⑥。 (2011-09-16 11:14)

この記事へのコメント
わー!!島にいく写真いいね☆

離島好きとしてはこの写真

みただけでとってもわくわくする。

島のもつ雰囲気もや人の笑顔も☆

桂島は名前聞いたことあったけど、

宮城県人なのに宮城の島はいったことほとんどない・・

こちらでも被害があったんだね。。
みさきちゃんは本当に素敵なお手伝いをしているよね☆

   モノ(やちむん)だけを運んでるんじゃなくて、被害を受けた島の人
たちをこんな素敵な笑顔にしているんだから。
Posted by yushidoufu at 2011年12月27日 20:31
続けるって大切だなーって思うよ。

間隔はあいても、出来る範囲で続けてくってとっても凄いことだと思う。

こうしてこういう形で沖縄と東北をつなぐ役割は美咲ちゃんしか今は出来ないわけで、それもお父さんやお母さんのお知り合いなどをたどって繋がってくのがまたいいね。
Posted by うりずん at 2011年12月28日 21:04
★yushidoufuちゃん
泉からだと島方面に行くのも大変だったよね。
うちも、東側で、どちらかというと塩竈寄りのほうに
あったけど、数えるほどしか島には行ってなかったなぁ。
やっぱり芸術作品、特に沖縄のおおらかな作品には
人を元気づけるパワーが潜在的にあるみたい。
沖縄の陶工の方々のおかげです。


★うりずんさん
できるだけ、大きな行政とかを通さずに直接渡していきたいという
ところから、家族のつてをたどって渡して行くうちに
家族のルーツとかにも出合うことができたのが
私自身の大きな収穫です。
Posted by みさき at 2011年12月29日 20:15
桂島の皆さま、やちむんを喜んで下さったみたいですね!
今現在も不自由な生活は多々あると思いますが乗り切っていただきたいですね。
それにしてもほんとみさきさんの行動力には脱帽です!
身体に気をつけてガンバッテくださいー!
Posted by ピーピッカー at 2011年12月29日 21:49
★ピーピッカーさん
年マタギの返信になってしまいゴメンナサイ。
いやいや、私の行動力なんて大したことないですが
周りの家族などのツテを伝って何とかお渡し先を
見つけているという感じです。それよりも、やちむんを
集める声掛けをして下さっている火風水さんのおかげです。
Posted by みさき at 2012年01月02日 10:23

削除
被災地へ届く、やちむん⑦