2011年11月03日

France05―loire

フランス旅行4日目。
(前回の記事はコチラ
France05―loire
*シュノンソー城内部。
 


この頃からうすうす
気がついていたんだけど
フランス(特に田舎の方は)
英語が全く通じません!


英語の単語がわかれば
どうにかなるべーと
思って来たのに
さすが、おフランス。
他の文化に興味がないのか
全くさっぱりでございました。


さて、4日目はリヨンから
バスで3時間ほどかけて
ブールジュという場所へ移動し
そこからさらにロワール地方へと
移動します。


フランスの夜明けは
朝8時頃だったので
私たちが出発した7時頃なんて
まだ真っ暗。

 

France05―loire
 

8時頃、
白々と夜が明けたけど
霧が深く最初は何も見えませんでした。
やがて霧が薄くなってきて見えたのは
どこまでも、どこまでも続くブドウ畑でした。


France05―loire
 


ブドウ畑が終わったと思ったら
今度は、延々と牧場が続きます。
まるで北海道のように広大な
農村地帯っぷりに驚きです。



France05―loire 
*おとぎ話に出てきそうな小さな村で。



農道ばかりを走るがあまり
途中、トイレ休憩も取れなかったので
小さな村の小さな小さなコーヒーショップで
コーヒーをいただきながら
トイレを借りました。


France05―loireFrance05―loire
驚かしてゴミン。



小さな店のご主人は
急に日本人が17人も
入ってきたことに驚いていました。
(そらそーだ。)


急きょ訪れた名前もわからない村
だったけれど、とってもいいところで
トイレ休憩にしてくれたね、なんて
一同大絶賛。



そして、本日ひとつめの
目的地に到着です。



【ブールジュ/サンテ・ティエンヌ大聖堂(世界遺産)】
France05―loire

 
France05―loire
 


ゴシック様式の建物の
中の様子は・・・。



France05―loire
 

写真では表現できなかったのですが
とても天井が高く、包み込まれるような
荘厳な雰囲気です。
ちょうどミサが開かれていたので
讃美歌の歌が響き渡り
心が洗われるようでした、あーめん。



また、
France05―loire 



光と影が美しい建物でした。
France05―loire
 


サンテティエンヌ大聖堂を後にして
一路、ロワールの古城観光へ。
ロワール川沿いには約100の城が
点在しているんですって。




【ロワール/シャンボール城】
France05―loire



フランソワ1世の命令でつくられた
「狩りの時だけ使う城」です。
「狩りの時だけ」なのに
城内には440の部屋と
365の暖炉と14の大階段があるそうな。
ねぇねぇ、そんなにいらなくない?




France05―loire


紅葉もはじまってました。
西洋の紅葉も素敵な雰囲気。



【シュノンソー城】
France05―loire


シャンボール城と比べて
乙女チックなデザインという印象ですが
こちらは、「6人の奥方たちの城」と
呼ばれる、代々、女城主が住んでいた
オンナノコのお城です。
大奥ならではの愛憎劇があったようですが
その反面、女性ならではの感性で
美しい庭園がつくられたり
ファンタジックなお城です。



France05―loire
*お城へのアプローチも美しいプラタナスの木立で続きます。


シュノンソー城の上空には
のんびりと気球も飛んで
イイ感じ。


France05―loire

  



本日のトレビア~ン。


題:こんなステキな檻なら入れられてもいい。France05―loire


光と影が美しい
サンテティエンヌ大聖堂にて。
影があまりにも美しかったので、パチリ。
トレビ~icon12


次回France06へ続く。
※次回はモンサンミシェルです!



同じカテゴリー(旅の風景)の記事画像
#4完  ふゆのなるこみち。
#3  冬のなるこみち。
#2  冬のなるこみち。
秋と冬のあいだ。
秋の旅:日本海でフィッシング。
秋の旅:加茂水族館。
同じカテゴリー(旅の風景)の記事
 #4完 ふゆのなるこみち。 (2015-01-25 07:33)
 #3 冬のなるこみち。 (2015-01-15 21:49)
 #2 冬のなるこみち。 (2015-01-08 21:28)
 秋と冬のあいだ。 (2014-10-30 07:30)
 秋の旅:日本海でフィッシング。 (2014-10-17 07:23)
 秋の旅:加茂水族館。 (2014-10-14 07:30)


削除
France05―loire