2011年10月25日

沖縄から、埼玉から。

 
*震災2週間後の風景です。



10月上旬に、被災地復興の
ボランティア活動へ
沖縄と埼玉から来た友人とともに
参加してきました。


毎日、他県から多くの方々が
ボランティアに参加して
いただいているのを前に
たった1回ボランティアに参加した
だけで、堂々とブログに書くのも
はばかれる思いでいました。



しかし、少しでも情報を
知りたいという方が
いらっしゃいましたので
参加を迷っている方の
手助けになればと思い
私が参加してきた
ボランティア活動について
記録しておきます。



 
*コレも震災2週間後の風景です。




私たちが参加してきたのが
私の暮らす、仙台市宮城野区の沿岸部にある
岡田という集落にある「仙台津波復興支援センター」


6名くらいが1グループになり
被災した方のお手伝いに伺いました。


私たちのグループの仕事は
津波で浸水した家の
男性陣は土壁をはがし、
女性陣は石膏と土とわらに分けて
土嚢に詰めて畑に運ぶという仕事。


はがした土壁の部分は
今後、大工さんによって
新しい壁が貼られることになります。


完全な復旧は来年の
夏になるということでしたが
どの農家よりも早く農作業を開始して
見本になるんだと、家主の方が
おっしゃっていました。


仙台のボランティアセンターは
閉鎖されているところも多いので
もしも、ボランティアをしてみたい
という方がいらっしゃいましたら
仙台駅からバスも出ていますので
こちらを利用してみてください。



同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事画像
南三陸ノート。
気仙沼ノート 2冊目。
気仙沼ノート 1冊目。
おとどけしました。
被災地へ届く、やちむん⑦
被災地へ届く「やちむん」⑥。
同じカテゴリー(震災、心の風景。)の記事
 南三陸ノート。 (2013-05-13 07:05)
 気仙沼ノート 2冊目。 (2013-05-09 07:23)
 気仙沼ノート 1冊目。 (2013-05-07 07:14)
 おとどけしました。 (2012-06-30 07:26)
 被災地へ届く、やちむん⑦ (2011-12-26 07:28)
 被災地へ届く「やちむん」⑥。 (2011-09-16 11:14)


削除
沖縄から、埼玉から。